おすすめ商品

【自転車 アシストバー】取り付けてみた感想、練習に必要な理由を解説

5歳の息子が自転車の補助輪なしデビュー。
現在練習中です。

僕は練習のサポートをしているのですが腰痛を発症。

理由は自転車(18インチ)の車体が低いため、体をかがむ際に腰が痛くなります。
さらに、自転車をささえるのに体力が必要で、長時間練習ができません。

腰痛と体力の消耗が原因で、自転車の練習が思うようにすすみませんでした。

息子は「補助輪ありのほうが良かった」とキツイひとこと。

どうにかしたいと思い、とりあえずリサーチ。
そして、アシストバーの存在を知り購入しました。

さっそく自分で取りつけ。

今は腰痛や体力の悩みから解放され、長時間の練習に耐えれるようになりました。

「ほんと買ってよかった」です。

今回はアシストバーが必要な理由と、自分で取りつけてみた感想を紹介していきます。

自転車のアシストバーが自転車の練習に必要な理由

補助輪なしの自転車の練習にアシストバーは必要です。
その理由を説明していきます。

子供が積極的に練習するようになる

いきなり不安定な乗り物に乗って、バランスを取りつつペダルをこぎ、自分で運転。
補助輪なしの練習って難しくて怖いですよね。

あまりの難易度の高さに練習をやめてしまうこともありえます。

アシストバーがあると、このバランスの部分を大人がサポートできるので、
ペダルと運転に集中できるようになります。

一番難しいバランス感覚から解放されて、息子は喜んで練習をしています。

では、バランス感覚はどのようにして養われるのか。
ご安心ください。
息子が運転中にアシストバーから手を放すと、自分でバランスを取りながら運転できているときがあります。

このことから、アシストバーでバランス感覚をサポートしながらでも、
自然と体が慣れて補助輪なし自転車に乗れるようになると確信しています。

結局のところ、練習量が大事ですね。
練習量を増やすためには、アシストバーを使って親子で楽しく練習できたほういいと思います。

腰の痛みから解放、長時間練習ができる

アシストバーがないときは、公園で30分練習すると、もう腰の痛みと疲労で大変でした。

今はその悩みから解放されて、長時間練習できるようになっています。

自転車に乗って、近くのスーパーに買い物も可能になり、息子と快適な自転車生活を楽しんでいます。

「早く自転車に乗りたい」と言ってます。

この間は「とにかく遠くまで行きたい」と言うので、ふた駅離れたヨドバシカメラまで自転車で行ってきました。
往復15km。
5時間かかりました。

道中、疲労のため心が折れかけましたが、どうにか完走。
息子といい思い出がまた一つ増えました。

あと、大人もいい運動になるんですよ。

30分もすれば体が熱くなってくるので、脂肪が燃焼されてきているのがわかります。
運動の動機付けにもいいかなと思ったりします。

自転車に早く乗れるようになる

あたりまえですが、アシストバーのおかげで練習量が増えるので、
早く自転車に乗れるようになります。

息子には、一人で自転車に乗れた時の爽快感を味わってもらいたいですね。

自転車に乗れるようになった

息子の自転車にアシストバーを取り付けてから約半年。

補助なしの自転車に乗れるようになりました。
補助なしの練習期間は2日間。

あっという間に乗れるようになったので、ビックリです。

とはいっても、まだ公園内でしか乗れないため、アシストバーの活躍はまだ続きます。

 

いろいろなところに息子と行きました。

 

最近だと、ピザをテイクアウトするために、10kmの道のりを完走しました。
家に帰った後に食べたピザの味は格別だったな。

次はどこへ行こう。

アシストバーがいらなくなる前に、また息子と遠くに行きたいな。

自分で取り付けてみた感想

自分で取り付けてみた良かったです。
僕の場合は、下の子がいるので今後のことを考えて自分でやってみました。

購入したアシストバー

僕はこちらをamazonで購入しました。


予備のシートピンが保険でほしかったので、こちらに決めました。
しかし、予備のシートピンは使わなかったので、他のメーカーのアシストバーのみを購入がいいと思います。
値段も安いので。

実際に届いた商品はこのようなパッケージになります。

説明書が付属されています。
アシストバー装着完了まで、2ステップなので難しくないです。

必要な道具

モンキーレンチとマイナスドライバーのみで、取り付け可能でした。

モンキーレンチは34mmまで調整可能のものを使用しました。

あとは、マイナスドライバーです。後輪部分の黒いナットのカバーを取り外すときに使います。

後輪部分のナットのカバーです。このカバーを外すのにマイナスドライバーを使用しました。

うちの自転車の場合は、サドル部分のナットが13mmで、後輪部分のナットが15mmに
モンキーレンチの口径を調整してネジをあけました。

サドル部分のナット(13mm)

後輪部分のナット(15mm)

おもったよりナットが固かったのでネジを回すのに苦労しました。
そういう点で、口径を調整ができるモンキーレンチがいいかなと思いました。

あと、ナットを回すのは、女性にはちょっと厳しいかなという感想です。

参考にモンキーレンチを紹介しておきます。

取りつけてみた感想

大体30分くらいでできました。

大変だったのはナットの取り外しくらいです。

アシストバーの取り付け穴(4か所)を自転車側に装着すれば終わりなので、実に簡単です。
2か所はサドル部分に。もう2か所は後輪部分に取り付けるだけです。

自分でやってみるのもありかなと思います。

僕はできなかったら近くの自転車屋さんに相談すればいいかなと思いました。

自転車を購入したお店に聞いてみたところ、アシストバーの装着の費用は「3080円(税抜き)です」と回答をもらいました。
内訳はアシストバー2480円+工賃600円です。

まとめ

いかがだったでしょう。

ほんとのこというと、今すぐ自転車にアシストバーを取り付けて子供と出かけてほしいです。なぜなら、もっと早く取り付けておけば良かったと僕が後悔したからです。

理由は簡単で、アシストバーが必要になるのは、ほんのひとときです。半年もすれば、一人で自転車に乗れようになってしまいます。

そうなる前に、アシストバーを取り付けて子供と一緒に出かけてほしいです。
子供との共同作業ってほんと最高です!



 

サイトマップはこちら↓

▼ おすすめ商品の記事一覧に戻る

-おすすめ商品

Copyright© カズンのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.