ビジネス

職場環境が悪いと人格が変わる!こんな職場はやめとけ5選

今あなたがいる職場の雰囲気はどうですか?
雰囲気が悪いと、あなたの価値観や性格にまで悪影響を及ぼします
いきるものすべて環境に順応していく習性をもっているためです。

自分のいる場所が自分のアイデンティティーを決定する
By アダム・アルター

職場の雰囲気が悪いと思った方は、読みすすめてもらえればと思います。
仕事を続けるべきかの判断材料になります。

僕のキャリア

・サラリーマンエンジニア歴18年
・アウトソーシングは4社の経験あり(主に大企業)
・転職経験なし

職場環境が悪いと人格が変わる、こんな職場はやめとけ5選

どんな職場の雰囲気がヤバいのかまとめてみました。

・自己成長が望めない職場
・高圧的な人が多い職場
・会社理念がない職場
・やる気がない若い社員
・社員同士の会話が極端に少ない

自己成長が望めない職場

仕事にやりがいを感じないときってどんなときですか?

ズバリこれです。

・毎日同じことの繰り返し(ルーチンワーク) → 成長できない
・自分の成果がみえない仕事 → 何のためにやってるかわからない

毎日ストレスフリーで同じようなルーチンワークをしていると、”うつ”になりやすいって知ってますか?
結構驚きですよね。

仕事は適度なストレスが必要なんですよ。
これはある研究で証明されいているんです。

毎日同じ作業でやりがいを感じない仕事をしている人は、「メンタルが弱くなる」ってことを覚えておくべきでしょう

高圧的な人が多い職場

もう数年前の話になりますが、僕の経験談を紹介します。
誰もが知っている大企業にアウトソーシングで働いていました。

当時、僕は喫煙者リストに登録し社内でタバコを吸っていました。
タバコを吸ってから席に着くと、喫煙者メーリングリストにメールが飛んできました。
何のメールだろうと、開いてみると驚愕の内容が。

僕のタバコの吸い方が気に食わなかったんですね。ちょっと反省。
しかし、そこまで書くかなという内容です。

メールの内容は、Googleさんに怒られそうなので紹介できません。すいません。

大企業にこんな人がいるのかとビックリしました。
みなさん企業が大きかればいいってもんじゃないですよ。

高圧的な社員が通じる会社であるため、会社は活気がなく、社員もどこかよそよそしい感じです。

そして数年後、アウトソーシング先の大企業は債務超過になってボロボロになってしまいました。

はじめは「まさか」と思いましたが、どこか納得がいった経験でした。

会社理念がない職場

会社理念が浸透していないと、何のために会社で働いているのかがわからなくなります。

会社の方向性が存在しないため、自分勝手に仕事をしても許される環境ができあがってしまいます。
そうなると「自分さえよければいい」というかたよった考え方をする社員が多くなります。

やる気がない若い社員

やる気がでない職場に長くいると、その環境が当たり前になってしまい抜け出せなくなってしまいます。
年齢も上がっていくと家族ができて背負うものが大きくなっていきます。

そうなる前に、フットワークが軽い若者は、他の環境に身を置いたほうがよいのではないでしょうか。

あと、年配の方が極端に多い会社も要注意です。
新しいことにチャレンジするときは若い力が必要になるためです。

40,50歳になってもバリバリ第一線で頑張っている方もいるので一概には言えませんが、
40後半になってくると現状維持が精一杯かなと僕は思います。

最近の傾向として、優秀な新卒には年収1000万円以上、45歳以上はリストラ対象になるのもうなづけます。

社員同士の会話が極端に少ない

シンプルに会社としていい仕事ができないためです。

エンジニアであれば、個人の力でどうにかなることが多いと思います。
しかし、仕事の規模が大きくなるとどうしてもチームとしての力が必要になります。

経験上、会話が少ない職場だとチームワークが機能しない感覚があり、仕事の成果って出しづらいのかなと思います。

職場環境が悪いと感じたら即行動すべき理由

今すぐに職場の問題と向き合うか後回しにするかは、あなたしだいです。
それが早いか遅いかだけの違いです。しかし、必ずそのストレスがやってきます。

なので、まずは早めに動いてみることがベストだと思います。

動くだけならリスクなしです

悪い職場環境が当たり前になり動けなくなるため

雰囲気が悪い職場にいつづけると、その環境があたりまえになり、だんだんと気持ちがマヒしていきます。

職場が嫌だという気持ちに素直に向き合うべきです。
若い時に行動を移せると、プログラミングスクールに通っていちからスキルを身に着けることができます。
転職までサポートしてくれるスクールが多いため、できるだけ早く動きたいですね。

時間がもったいないため

シンプルに時間がムダだからです。

独学で資格やスキルを身に着けて、違う分野にチャレンジしてみるのもありだと思います。

ただ、僕の経験上、30歳を過ぎてから異業種への転職にチャレンジしましたが、かなり厳しいものがありました。

早めの行動が吉になります。

未来の自分を助けられるのは自分だけ

お金がないと生活できないし、簡単に職場を変えるのは難しいというかたが多いと思います。
それなら、行動してみて考えるのがおすすめです。

新しい自分に出会えるチャンスが転がっています。

転職サイトに登録しよう

今の職場で働いた3年後の自分の姿を想像してみてください。
イキイキと仕事してそうですか?

「もう無理だ、転職したい」と思ったときは、もっと環境が厳しい会社しか残っていないかもしれません。

僕は過去に転職エージェントや転職サイトで会社を探した経験があります。
転職エージェントに何回か相談しましたが、転職サイトには掲載されてない会社も紹介してもらえます

自分の希望とマッチした会社を紹介してくれるので、一度話を聞いてみるだけでもいいかもです。

スキルを身に着けよう

プログラミングのスキルを身に着けて、新しい自分になるのもありです。

IT業界の人手不足はよく言われている話ですが、今後さらに深刻になっていきます。

スキルがあれば、あなたはどこへでも行くことができます
ノマド的にパソコン一台で世界を旅をしながら仕事をすることも実現できるでしょう。

サラリーマンであれば、胸を張って社内を歩くことができます。
エンジニアはお金を稼げるので、リストラになりづらいし、周りの人から必要とされます。

プログラミングはこの先数年は食べていける職種になるのでおすすめです。

詳しくはプログラミングを学ぶ5つのメリットを解説【必見】 をご覧ください!

まとめ:職場環境が悪いと思ったら即行動

トヨタの社長の発言もありましたが、終身雇用が終わってしまった今、
大企業だから安泰なんて時代ではありません。

これからは自分がどうありたいか、自分の価値観が問われる時代になってきています。

行動ができれば理想とする働き方が手に入る時代です。まずは行動してみましょう。

サイトマップはこちら↓

▼ 仕事関係の記事一覧に戻る

-ビジネス

Copyright© カズンのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.