胸毛が濃い人集合!ムダ毛の悩みを解決する方法

胸毛が濃い人集合!ムダ毛の悩みを解決する方法

僕自身、とても胸毛が濃いため、海やプールなど人前で裸になる行為が、好きになれませんでした。

さらに、女性といい雰囲気になっても、胸毛が原因で嫌われてしまうのではないかと、どこかでブレーキをかけてしまうこともありました。

今は年齢を重ね、胸毛の悩みは少しうすれてきましたが、若い時に向き合っていたら、「もっと楽しい青春があったのに」と、いまだに思い返すことがあります。

特に、若い人たちは、胸毛の悩みから早く解放されるべきです

当記事を読んだ方が、胸毛が濃くなる原因を知り、自分にあった方法で胸毛を処理できるところまで解説していきます。

胸毛が濃い人の悩みを解決

年々、男性の美の意識が高まってきています。

10代20代の男性の4割がムダ毛処理をしている」というデータがあるため、美の意識の高さがうかがえます。

いまや男性のムダ毛処理はあたり前の時代です。

では、なぜ男性がムダ毛の処理をするのでしょうか?

いろいろな意見はあると思いますが、自分自身きれいでいたい、女性からきわれたくないという意見が、ほとんどだと思います。

10代20代のうちに、胸毛の対策をしておけば、ストレスフリーで人生をエンジョイできるので、早めの対策をオススメします

胸毛が濃いと女性から嫌われる

胸毛の悩みのひとつは、女性からの視線です。

 

you
毛深い人

胸毛が女性から嫌われているのは知っているけど、データとしてみせてよ

 

気になるあの子が、「僕の胸毛さんをみて失望したらどうしよう」って考えると、デートに誘うこともできません。

では、一般的に胸毛はどのくらい嫌われているのでしょうか。

調査方法
10代~90代の女子120名を対象にアンケート
複数回答可能

1位 胸毛・乳首毛
2位 指毛
3位 すね毛・もも毛
4位 へそ毛・腹毛
5位 けつ毛
6位 耳毛
7位 背中毛
8位 ヒゲ

参照:exciteニュース

「あーやっぱり、胸毛さんは嫌われものですね」
ランキング上位常連で、殿堂入りって感じです。

胸毛の感想としては、以下の通りです。

「くさそう」
「生理的に受け付けない」
「無理」

なんで胸毛があるだけで、ここまで言われないといけないのでしょうか。
怒りをとおりこして、ただただ悲しいです。

とはいえ、悲しんでいても何も解決しないので、前に進むしかありませんね。

胸毛が濃いと行動までネガティブに

胸毛が濃いだけで、行動にまで影響が出てきます。

・海やプールの遊びには参加しない

・女性に消極的になる

胸毛が濃い人は、胸毛のことを他の人にバレてほしくありません。

もしバレてしまったら、「胸毛が濃い=毛深い」のレッテルをはられてしまい、イジリのネタにされてしまう可能性があります。

そのためなら、せっかくのお誘いも断ってしまうこともありえます。
僕の場合ですが、海やプールの誘いに、即OKすることはまずないでしょう。

次に、女性関係についてです。

気になる女性ができても、胸毛のことを考えると、どこか消極的になってしまいます。

 

you
毛深い人

あの子といい雰囲気になっても、この胸毛さんがいる限り、きっときらわれてしまう

胸毛が気になって、デートに誘うこともできません。
胸毛のせいでチャンスを自らつぶしてしまっては、もったいないです。

このように胸毛が濃いと、行動にも悪影響が出てしまうことも。
若いうちに、胸毛の悩みから解放されて、思い出をいっぱい作りたいですね。

胸毛が濃くなる原因

胸毛が濃くなる原因は、遺伝の要素が強いです。
もともと体毛が多い人も遺伝になります。僕自身も体毛が多いです。

特徴としては、思春期(小学生高学年 ~ 高校)にかけて、体毛が濃くなります。
僕も中学~高校時代に急激に胸毛が濃くなったので、遺伝が強いのは間違いありません。

 

you
毛深い人

遺伝、遺伝っていうけど、もう少し具体的に教えてよ。

遺伝の要素を、もう少しかみくだいて言い換えると「男性ホルモンの分泌が体毛の薄い人より多い」になります。

そもそも男性ホルモンはどのような役割があるのでしょうか?

 

男性ホルモンには、体の骨格や筋肉、男らしい体格を保つために必要であり、そのほかに、精神的な部分でも、大事な役割があります。

この男性ホルモンの大部分を占めるのが、テストステロンといいます。

「男性ホルモン=テストステロン」とも言い換えてもいいくらいです。

テストステロンは、チャレンジ精神や競争心を高める働きがあります。

テストステロン値が高い人は、経営者や政治家に多いという報告があるのも納得がいきます。

さらに、テストステロン値が高い人は、男性、女性からも人気が高く、人望があついです。

仕事ができて、人からも好かれるようになる。

これを聞くと、「男性ホルモンってメリットしかないね」っておもいますよね。

しかし、テストステロンと5aリダクターゼという酵素が結びつくと、より強力な男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)に変換する働きがあります。

このジヒドロテストステロンが、体毛を濃くする作用を引き起こすのです

「より強力な男性ホルモン=ジヒドロテストステロン」になるため、結果的に男性ホルモンが多いと、体毛が濃くなるっていうことになります。

 

you
毛深い人

5aリダクターゼという酵素の分泌が多い人は、体毛が濃くなるってことかー

はい、その通りです!

5aリダクターゼの酵素の量は、遺伝で決まってしまうため、コントロールすることは難しいとされています。

胸毛が濃いのは、遺伝の要因が強いっていうことになります。

では、男性ホルモンの過剰分泌を防ぎ、胸毛を薄くする方法はないのでしょうか。

生活習慣から男性ホルモンを少なくする方法

男性ホルモンの過剰分泌を少しでも軽減させたいなら、生活習慣を見直す必要があります。

生活習慣を見直す内容は、以下になります。

・タバコ

・食事

・睡眠

・ストレス

これらを詳しく説明します。

タバコ

喫煙は、男性ホルモンの刺激し、女性ホルモンの働きを弱めるため、胸毛がさらに濃くしてしまいます。

喫煙とホルモンバランスの関係は、ハーバード大学の研究でも実証されています。

なるべくタバコは吸わずに生活したほうが、体毛が濃くならずに済みますね。

一昔前は、胸毛、タバコは、女性から好意的に受け入れられていましたが、今はどちらも嫌がられる存在です。

これを機に、タバコをやめる決断をして、女性に好かれる男性になりたいものです

食事

男性ホルモンを増やすためには、必須アミノ酸を多く含んだ食事が良いとされています。

必須アミノ酸を言い換えると、タンパク質を多く含んだ食材になります。

タンパク質が多く含まれる食材は、以下になります。

・卵

・肉全般(牛肉、豚肉、鶏肉)

・赤身の魚(マグロやカツオなど)

・乳製品全般(牛乳、チーズなど)

これらの食材を多量に摂取すると、男性ホルモンが増加するため、胸毛が濃くなる原因になります。

1種類だけのおかずではなく、バランスの取れた食事をとるようにしましょう

あとは、大豆イソフラボン(大豆類・豆腐・納豆など)を使った食事をとるように心がけましょう。
というのも、イソフラボンは、女性ホルモンと構造が似ていて、男性ホルモンを抑制する働きをもっているため、積極的に摂取したい食材になります。

睡眠

体毛が濃くなる原因に、ホルモンバランスの乱れが考えられていますが、その作用を引き起こす原因は、ずばり睡眠不足です。

睡眠時間を確保できていない方は、早寝早起きの良質な睡眠を心がけましょう。
体質にもよりますが、ベストな睡眠時間は7時間といわれています。

ストレス

胸毛が濃いという時点で、すでにストレスなのですが、できるだけ生活習慣は、ストレスフリーを心がけましょう。
ストレスを軽減させるには、まずはリラックスして、ゆっくり休むことです。

繰り返しになりますが、良質な睡眠を心がけ、体毛にも精神的にもゆとりのある生活をしたいものです。

胸毛の悩みから解放される4つの方法を紹介

生活習慣から胸毛を薄くする方法は、長い目で見たら効果があるかもしれません。

しかし、即効性は期待できません。

どのくらい時間がかかるかわからないので、今すぐ胸毛をどうにかしたいという方は、こちらがオススメです。

・カミソリ・シェーバーで処理

・ワックスで処理

・脱毛クリームで処理

・脱毛サロンで処理

このあたり詳しく説明していきます。

カミソリ・シェーバーで処理

 

カミソリ・シェーバーのメリット

・費用が安い
・いつどこでも処理が可能である
・処理の時間がほとんどかからない

 

カミソリ・シェーバーのデメリット

・1日たつとはえてきてしまう
・毛が濃くなってはえてきてしまう
・見た目の仕上がりが悪い
・肌荒れの原因になる

いますぐ処理が必要なときは、手段としてありですが、胸毛が濃くなる、さらに肌荒れをおこしてしまうため、あとあとのことを考えると避けたいですよね。

僕の場合、胸毛が濃くなってしまうのが、すごく嫌なので、カミソリやシェーバーを使用することは、まず考えないですね。

ワックス

 

ワックスのメリット

・費用が安い
・いつどこでも処理が可能である
・カミソリ・シェーバーを使うよりかは持続性がある

 

ワックスのデメリット

・2、3日たつとはえてきてしまう
・意外と処理に時間がかかる
・脱毛の時に痛みがある
・仕上がりにムラが出る
・肌荒れの原因になる

ワックスを使って、むりやり毛を引っこ抜くイメージです。
処理の際に、結構痛みがあるので、胸毛が濃い人はオススメできません。
あと、体毛が多い人は、仕上がりにムラがでてしまいます。
カミソリに比べると、毛根から処理するため、2、3日はスベスベの状態を保持してくれます。

除毛クリーム

 

除毛クリームのメリット

・いつどこでも処理が可能である
・どんな毛質でも使える
・痛みがない

 

除毛クリームのデメリット

・肌荒れの原因になる
・意外と費用が高い
・自分の肌質にあったクリームを使う必要がある

自宅で胸毛を処理する場合は、除毛クリーム一択になります。
痛みや仕上がりを考えても、満足がいくものとなるでしょう。

200gで3,000円程度の商品になるため、使用する頻度によっては、費用が高くつく可能性があります。
さらに、自分の肌にあったクリームを選ぶ必要があり、初期投資もかかる場合があります。

僕が3種類の除毛クリームを使用して、実際に除毛してみました。

 

合わせて読みたい
【最新】メンズ向け除毛クリームのおすすめ3選【比較表あり】

 

脱毛サロン

 

脱毛サロンのメリット

・繰り返し脱毛処理をすると毛がはえてこなくなる
・肌への負担がなくなる
・美肌効果がある

 

脱毛サロンのデメリット

・費用が高い

繰り返し脱毛すると、毛がはえてこなくなるって夢のような話ですよね。
いつでもどこでもスベスベボディを手に入れられるので、気分的にも毎日が楽しくなりそうですね
さらに、脱毛効果だけではなく、美肌効果もあるのですからおどろきです。

ただ、気になるのは、やはり費用だと思います。
胸毛、腹毛にターゲットをしぼった場合でも、20万程度はかかるようです。
ただ、サロンによって、キャンペーンなど頻繁に行われているので、もっと安く脱毛が実現できるかもしれません。

脱毛クリームなどの手間を考えれば、数回脱毛を行うだけで、胸毛の悩みから解放されるわけですから、費用に余裕がある方は、ぜひ脱毛サロンを選択肢にいれるのもありだと思います。

10代20代からスベスベボディが手に入れば、胸毛のストレスから解放され、楽しい毎日が過ごせそうですね。

メジャーな脱毛サロンを紹介します。

 

脱毛サロン
・メンズリゼ 月々3,000円~はじめられます → 詳しくはこちらから確認できます
・リンクス 最大70%OFF → 詳しくはこちらから確認できます
・湘南美容クリニック → 詳しくはこちらから確認できます

まとめ

胸毛が濃いと、気持ちがネガティブになり、行動にまで影響がでてしまいます。
これからは自分にあった脱毛方法を実施し、胸毛とはお別れをして、前向きになりましょう

脱毛方法は4つになります。以下にまとめます。

・カミソリ・シェーバー → 処理した後に肌荒れをし毛が濃くなるためおすすめしません
・ワックス → とにかく痛い、仕上がりもムラがあるためおすすめしません
・脱毛クリーム → 痛みもなく、仕上がりも良いため、自宅処理ならこれ一択
・脱毛サロン → 値段は高いが、繰り返し脱毛すると毛が薄くなるため、できればプロにお任せするべき

ここまで読んでいただきありがとうございました。

サイトマップはこちら↓

▼ 脱毛関係の記事一覧に戻る